ヘルペスだけじゃない!性器への他人事じゃない感染症

「生涯でたった一人だけ」というように、結婚する相手イコール性行為をする相手だった昔と違い、今は付き合っている段階で即性行為となるため、何度もパートナーを変え、何人もの相手と経験があるという方も多くなりました。
国際結婚も普通になり海外の人と性行為をすることも増え、その結果として性感染症の数も昔と比べて多くなっているのです。
昔は性感染症といえば梅毒や淋病くらいで、それも性を仕事とする女性がいるところに行くのを好む男性だけが感染者でした。

現代の性感染症と言えば、ヘルペスだけではありません。
クラミジアや尖圭コンジローマ・トリコモナス・カンジダ・梅毒・淋病・肝炎・エイズなどなど、盛りだくさんなのです。
ヘルペスの恐ろしいところは初期症状が何もないことがほとんどだということです。
自身も感染しているのに気がつかず、また違った相手と性行為を行うことによって、更に感染を広げてしまっているのです。

クラミジアや肝炎も初期症状がない病気です。
尖圭コンジローマやトリコモナス・カンジダなども、どれも性器の辺りにイボができたりかゆかったり、おりものが変化したりといった程度の変化です。
恐ろしい病気として知られるエイズも初期症状は咽喉の痛みや発熱・リンパ節の腫れなど、風邪やインフルエンザと同じようなもののため感染を判断することが難しいです。

これらの病気はそれぞれウイルスに感染することで起こる病気です。放置しておいても自然治癒することはなく重症化するのみです。
途中、症状が沈静化しているような時期もありますが、実際には身体の中でどんどんウイルスが増殖しているのです。

最近では、これらの性感染症に感染しているかどうかを自宅で調べることのできる検査キットというものもあります。
もしかして、と思ったら早めに検査し、病院で治療しましょう。
抗ウイルス薬を用いてウイルスを殺菌しない限りは治ることはないのです。
更にはヘルペスウイルスのように完治せず免疫力が落ちるたびに再発する病気もあります。

感染の主なルート

性感染症という名前のとおり、感染ルートの大部分は性行為です。
性器の粘膜同士が接触することで感染するのです。防ぐためには粘膜を接触させないことです。
そのため、避妊に関係なくコンドームを使うことをおすすめします。粘膜同士の接触が起こるのは性器と性器だけではありません。

最近では性行為の内容自体も多様化しておりオーラルセックス・アナルセックスにより口や肛門の粘膜との接触による感染ルートもあるのです。
普段はコンドームを使ってセックスをしているというカップルであっても、オーラルセックスなどの際は妊娠の可能性がない分、コンドームを使用していないことも多いです。
AVなどの中途半端な知識で性行為を行った結果、大変なことになるのです。
咽喉に感染した場合などは特に性感染症と気づかず風邪の症状と勘違いして発見が遅くなることもあります。
性感染症についての正しい知識を持っておくことが必要です。

恐ろしいことに、性感染症の感染ルートは性行為だけではありません。
特に決まった相手がいないから関係のない他人事と思っている方も多いでしょうが、場合によっては温泉や共同風呂・トイレなどで感染することもあるのです。
体が弱っているとき、気分転換にと温泉旅行などに行くのはやめておきましょう。
免疫力が低下している身体にさまざまなウイルスが感染して、大変なことになります。

タオルやスリッパなどを共有することで感染してしまうこともあるのです。
感染症患者がいる場合は特に、家族間でもタオルなどを共有するのは避けておいたほうがよいでしょう。
日頃から予防に努め、もしかしてというときには早めに調べてすぐに治療を行う、それを心がけるだけでも感染をある程度防ぐことができるのです。
もちろん、奔放な性生活も避けた方がよいです。