ヘルペスの治療薬にバルトレックスがある!

性器ヘルペスや口唇ヘルペスはもちろん、水疱瘡の治療薬としても昔から使われているのがバルトレックスです。
有効成分はバラシクロビルです。
ヘルペスはヘルペスウイルスが原因の病気ですが、バラシクロビルはが症状の進行を抑え治癒までの期間を早めてくれるのです。
ただし、まだ現代医学ではヘルペスウイルスを完全に死滅させる薬はできておらず、あくまで症状を抑えるだけです。

一度バルトレックスを使用した方は、免疫力が低下するたびに再発するため何度もお世話になることになるでしょう。
同じく抗ウイルス薬としてはゾビラックスもありますが、それよりも少ない服用回数で同等の効果が得られるため使いやすい薬です。
特に性器ヘルペスの場合、性感染症のため恥ずかしくて放置しているという方もいるはずです。
とはいえ、ウイルスが原因のこの病気は自然治癒することはありません。
放っておいたら、ウイルスが増殖して悪化していくことになります。早めに、治療薬で正しい治療を行うようにしましょう。

ゾビラックスがヘルペス治療のために1日5回服用しなければならないのに対し、バルトレックスの方は1日2回だけです。
1回に1錠服用するようにしましょう。5日間の服用で症状は治まるはずです。
ただし、初発型ヘルペスは悪化しやすいため更に服用期間が延長されます。
水疱瘡であればまた用法用量が異なります。
効果を出すためには病院で医師に処方してもらったものを、正しく使用するようにしましょう。

バルトレックス特有の副作用というのはないものの、頭痛や眠気・腹痛・下痢・腹部の不快感といった副作用は起こりやすいです。
ごく稀にですがアナフィラキシーショック・急性腎不全といった重大な症状が見られることもあるため注意して使ってください。
なにかあれば早めに病院に行くようにしましょう。
1日2錠の使用方法を守らず大量摂取を続けていると、効果が高まるどころか副作用が多くなってしまいます。

バルトレックスのジェネリック医薬品をご紹介

初回ほどの激しい症状が起こることはないものの、ヘルペスは免疫力が低下するたびにあなたを悩ませます。
そのため常備薬としてバルトレックスを持っておいた方がよいでしょう。
症状が出始めてからすぐに服用し、ウイルスを抑えるのです。

バルトレックスもいいですが、もっと安い治療薬にしたいというならジェネリック医薬品のセントレックスがあります。
個人輸入で手に入ります。
ジェネリック医薬品のセントレックスも有効成分はバラシクロビルです。
そのため、同じようにヘルペスウイルスに対して効果を発揮してくれるのです。

個人輸入は代行業者を通じて行えばインターネット通販と同じような感覚で手軽に薬を手に入れることができます。
処方箋もいりません。
診察料や病院までの交通費も必要なく薬代だけなので安いお値段で手元に置いておけるのです。
再発してから病院に行って処方してもらって、と時間をかけているとそれだけウイルスは増殖していきます。
なんとなく皮膚がピリピリするような、という段階で使う方が治りも早いのです。

ただし、個人輸入の場合には悪徳業者も存在し、偽薬も多く出回っています。
ヘルペスを治すどころか副作用が強く出たり効果がまったく出なかったりしては意味がありません。
口コミ評判なども見て、安さではなく信頼性の高さでサイトを選ぶようにしましょう。
何か問題が発生しても個人で薬を購入している以上は自己責任です。

ヘルペスは放置していても治ることはありません。特に初回は高熱が出たりリンパが腫れたりと症状がひどくなりがちです。
最近はヘルペスになっているかどうかの検査も自宅にいながらにして検査キットで行なうことができます。
もしかして、と思ったら調べてみて早めに対処しましょう。